2005年12月19日

面接へ(守口市民会館さつきホールへ):確実に2000円儲ける方法

先週末の予約を入れてあった面接のためさつきホールへ行ってきた。
地下にある貸し会議室みたいな部屋に入ると、面接官と応募者が一人だけ。
電話では応募が殺到することが予想されるので早めに来てくださいと言うことだったが。
拍子抜けした。詰め込んだら100人ぐらい入れそうな部屋なのに。

もともとAという業務請負の会社が12時間勤務の2交代で、見込み月収30万以上可、週払い可、業務は電池の製造関係、勤務地最寄り駅は京阪土居と守口市。守口近辺の人ならすぐにどこの企業かわかる求人内容だった。
しかし電話してみると電話に出たのは人材派遣のBPという会社。対応の仕方から同じフロアで事務所を共有している感じはあきらかだった。もともと下調べで関連会社であることは知っていたためさほど驚かなかったが、条件面でかなり変更があった。8時間程度の朝勤と昼夜勤野に交代で原則残業なし。見込み月収20日勤務で21万。24時間稼動の仕事が16時間稼動になってしまったわけだ。めいっぱい残業してでも月収30万が目標だったので、このあまりの条件変更には正直戸惑ったが、ほかに当てもなく、今日の予定もなかったので、とりあえず行くことにした。
しかも昨日入っていた折込の求人によると登録するだけで

交通費2000円支給

とあるではないか。これはおいしい。というか今の私にとって寿命が伸びる気持ちだった。

面接では一通り仕事内容、条件を聞いた後適性検査というのを受けた。
今まで、何度か受けたことがあったが今日のはきつかった。なんか例えると、日本米の中からカリフォルニア米とタイ米をより分けるような細かいテストで頭が痛くなった。こりゃ成績は期待できない。がこんなのスラスラ出来る奴いてんのか?

疲れきった後、登録用紙に記入して、

(毎度毎度この手の会社の面接で思うのだが、何で写真つきの履歴書まで用意させといて、またほとんど同じ内容を記入させるのだろう?この時点で事務処理能力のレベルの低さ感じる。しかし無駄な仕事が存在しないと人材派遣の需要はそれだけ減るだろうけど)

領収書にサインして2000円を受け取って帰宅したのだった。
(久しぶりに2000円札を見た。)

2000円欲しい人は今週中は面接登録会やってるみたいなので行ってみましょう。写真つきの履歴書を持って。
posted by かも at 18:34| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。