2005年12月22日

ついに電気がストップ

朝10時ごろ目覚めると、なんとなく様子がおかしい。

つけっぱなしで寝ていた、パソコンとエアコンが止まっている。

いつもより少々寒い。

本来暖房を入れっぱなしで寝ると寝覚めが悪く、体調が悪いのだが、

ここ最近は昼夜の区別がなく自堕落な生活が続いているため、

つけっぱなしの状態がつ続いていた。

まず考えたのは電気止められてしまったということ。

どうにか一昨日入金したものの、もしかしたら手違いがあったのかも知れない。

こうなると悲惨だ。とりあえずテレビのスイッチを入れるとちゃんとついた。

納得はいかないが一安心。

トイレに行った後新聞を取りに玄関へ。ドアを開けて外側から新聞を取ろうとすると、

外は銀世界。雪が降っているではないか。道理で寒いはずだ。

最近天気予報退も気していなかったため、少々驚いた。

ネットでニュースを確認すると結構な大雪らしい。地下鉄も止まったとか。

その後寝てる間に停電があったことがわかった。

しかしお金が借りられず電気が本当に止まっていたら今頃悲惨な状況だったことだろう。

改めてMさんに感謝。この寒波襲来は貧乏人・とりわけホームレスにはつらい。

大阪城の人たち、西成・城北公園その他の人たち大丈夫かな?

もう仮設の収容所今年も出来てるんだっけ?



以下引用:http://www.asahi.com/national/update/1222/TKY200512220132.html

近畿で70万戸停電、送電線トラブルで 原発も自動停止 
2005年12月22日12時36分

 22日午前8時50分ごろ、近畿地方の約70万軒で停電が発生した。関西電力によると、大飯原発からの送電線で雪によるとみられるトラブルが起き、大阪、京都、奈良、滋賀の各府県で一時停電。このほか、兵庫県丹波市の約1000軒でも大雪の影響と見られる停電が午前8時25分ごろから続いている。

 同社などによると、着雪で大飯原発からの送電線が垂れ下がり、さらに強風で揺れるなどしてショートしたとみられる。この送電線は、京都府内の変電所を経由して関西へ送電する主要ルートのひとつ。ほかの発電所から供給を受けるなどして、停電は午前9時半までに大部分が復旧した。

 一方、送電線トラブルの影響で、大飯原発の4基ある原発のうち1、2号機の発電状況も不安定となり、午前9時ごろに両機の原子炉が自動停止した。

 同社によると、大阪市の一部と大阪府内で計約37万2000軒、大津市など滋賀県内で約22万軒、奈良市西部など奈良県内で約9万1000軒、京都府内で約1万3500軒が停電したという。

 また、大阪市営地下鉄では午前9時ごろ、谷町線、中央線、長堀鶴見緑地線の信号が停電のため動かなくなった。この影響で最大25分間、3路線の全線で運転を見合わせ、近鉄東大阪線を合わせて約2万9000人に影響した。



posted by かも at 12:42| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。